キャッシング審査信用

信用情報について

消費者金融などにキャッシングの利用申し込みをすると、ただちに審査が行われます。

 

その際に大きなウエイトを占めるのが、信用調査です。申込者について信用情報機関に照会し、さまざまな角度からチェックがなされます。

 

審査のポイントとしては、まずこれまでの借り入れ総額が年収の三分の一以下であるかどうかが確認されます。これは総量規制で規定されており、年収の三分の一以上の負債がある人には貸付ができないのです。

 

また、他社からの借り入れ件数や借り入れ総額もチェックされます。特に「四社以上の金融機関から借り入れをしている」「一度に複数の金融機関へ利用申し込みをしている」という場合は、審査で不利になる可能性があります。

 

さらに、過去の事故情報の有無も大きなポイントです。「キャッシングやクレジットローンなどで支払いを延滞した」「自己破産などの債務整理をした経験がある」というケースでは、信用度に疑問符がつくこととなります。

 

キャッシングを利用する前には、自分の借り入れ状況や信用度をきちんと把握しておきましょう。