総量規制

総量規制について

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングでお金を借りる際、避けては通れないルールがあります。

 

それは、総量規制です。

 

年収の3分の1以上のお金を借りることができないというルールによって、大幅に多重債務の被害は減少しました。

 

銀行のカードローンは総量規制の対象外なのですが、消費者金融のキャッシングの中にも、総量規制の対象外なものがあります。

 

それは、銀行の完全子会社となった消費者金融のキャッシングです。

 

レイクという消費者金融が、典型的な例です。

 

レイクはもともと純粋な消費者金融でしたが、最近新生銀行の完全子会社となりました。

 

新生銀行のキャッシングブランドも、レイクという風に名前が変わりました。

 

これによってレイクは、消費者金融のキャッシングの利便性をキープしながらも、銀行のカードローンのメリットである総量規制の対象外を手にすることができました。

 

多くのお金を貸すことができますし、子会社となることで信頼も向上しております。